×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

大全-特許法-第1章 総則

 

a@

第1章 総則

第1条(目的)

第2条(定義)

第3条(期間の計算)

第4条(期間の延長等)

第5条(期間の延長等)

第6条(法人でない社団等の手続をする能力)

第7条(未成年者、成年被後見人等の手続をする能力)

第8条(在外者の特許管理人)

第9条(代理権の範囲)

第10条(代理権の範囲)

第11条(代理権の不消滅)

第12条(代理人の個別代理)

第13条(代理人の改任等)

第14条(複数当事者の相互代表)

第15条(在外者の裁判籍)

第16条(手続をする能力がない場合の追認)

第17条(手続の補正)

第17条の2(願書に添付した明細書、特許請求の範囲又は図面の補正)

第17条の3(要約書の補正)

第17条の4(訂正に係る明細書、特許請求の範囲又は図面の補正)

第18条(手続の却下)

第18条の2(不適法な手続の却下)

第19条(願書等の提出の効力発生時期)

第20条(手続の効力の承継)

第21条(手続の続行)

第22条(手続の中断又は中止)

第23条(手続の中断又は中止)

第24条(手続の中断又は中止)

第25条(外国人の権利の享有)

第26条(条約の効力)

第27条(特許原簿への登録)

第28条(特許証の交付)

知的財産法大全 +α知識投稿 誤り発見投稿 オリジナル問題集